詳細検索

  • 価格
    ~
  • 在庫
  • ギフト
  • 人気
    ワード

    • 価格
      ~
    • 在庫
    • ギフト
    •  
 
昔造り鰹のたたき 2本(小分け4袋)
昔造り鰹のたたき 2本(小分け4袋)

※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。

昔造り鰹のたたき 2本(小分け4袋)

販売価格
5,400

鮮度抜群! 一本釣りした鰹を
直火で豪快に手焼きしてお届け

太平洋で漁師たちが一本釣りした鰹を、昔ながらの製法でたたきにしました。鰹は初夏に釣り上げた中から適度に脂が乗ってむっちりした食感のものを厳選。船内で急速冷凍し、鮮度を保ったままの状態で大きな焼き網に乗せると、直火の強烈な炎で表面だけを焼き焦げ目と香りをつけ、再び急速冷凍しています。鰹の身は獲れたてにかぎりなく近く、その香りや旨味など品質の違いは、食べていただければわかります。たたきによく合うポン酢と、同じ高知の海洋深層水から作った塩をお付けします。高知での食べ方“塩たたき”もぜひお試しください。

カートに追加


[商品コード]
BM02101
[お届け日]
[在庫]
○(在庫あり)
[賞味期限]
発送から冷凍で30日
[内容量]
かつおたたき×4袋(計600g)、たたきたれ×2個(80ml)、塩(10g)×1袋
[梱包サイズ]
幅20×奥行30×高さ7.5cm
[配送温度帯]
冷凍
[特定原材料]
小麦(7品目のうち)
[調理方法]
解凍
[生産地]
高知県
[関連するカテゴリーはこちら]

ストーリーBuyer's Report

炎の鰹職人・雨森さんが、
鰹を“群れ買い”する理由

昔造り鰹のたたき 2本(小分け4袋)
この鰹のたたきが美味しい理由のひとつに“鮮度”があります。
鰹の一本釣りの漁船のなかで水揚げ直後に急速冷凍された鰹は、専用の機械で冷凍のまま頭と背骨を落とし、サクの状態で雨森さんの工房に運び込まれます。それを焼いてたたきにするのですが、雨森さんはガスや電気を使用せず直火だけで焼き上げていきます。松葉に火をつけ、人の背丈をゆうに超える炎の中に鰹を並べた鉄網を入れ、鰹の表面だけに均一に焼き色を付けていく仕事ぶりは、まさに職人技。
そして焼き終わったらすぐに真空包装して、また冷凍庫に戻します。そのため、表面以外は船内で急凍したときのまま。ご家庭で解凍したときに感じる鮮度の良さは、この一連の作業から生まれるのです。
昔造り鰹のたたき 2本(小分け4袋)
鰹の仕入れは、もちろん雨森さんの仕事。求めているのは、むっちりとした食感で噛めば身の緻密さを感じ、脂は程よくのっているものの、あくまで赤身の美味しさが主役だと思える鰹。それに近い味の鰹を見つけたら、迷わず“群れ買い”をします。鰹は群れで行動するため、同じ環境で育ち同じ餌を食べてきた鰹たちは、身質が似ていて安定していると雨森さんは考えています。だからこそ、味にブレのない鰹のたたきが作れるのだと雨森さんは言います。

ご家庭での解凍は流水で手短に。まだ芯が凍っているくらいで袋から取り出したら、よく切れる包丁でお好みの厚さにスライスしてください。むちっとした鰹の身が食欲をそそります。一緒にお届けするポン酢との相性は抜群ですし、現地での食べ方を真似て、塩で食べるのも一興。ぜひ、同じ高知の海水で作った塩でもお召し上がりください。

最近チェックした商品