詳細検索

  • 価格
    ~
  • 在庫
  • ギフト
 
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット

※イメージ写真には、お品物として含まれていないものもございます。

ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット

販売価格
4,420

少量生産、伝統的製法で丁寧に。
豚肉の旨みと香りを楽しめます

ドイツで肉加工のマイスター資格を取得した福留洋一さんは、製造機械をドイツから輸入し、現地で教わった伝統的な製法に基づいて手間を惜しまずハムやソーセージ作りをしています。使用するのは、鹿児島の自社牧場で育てたサドルバック種と、サドルバック種を親に持つ自社ブランドの幸福豚のみ。特にサドルバック種はイタリアではチンタ・セネーゼ(※)と呼ばれ、世界的にも稀少な品種で、その美味しさは多くの食通の知るところです。ソーセージにはサドルバック種の旨みがギュッと詰まっていますし、ハム類は香りが素晴らしく、サンドイッチにも好適です。そしてオニオンレバーパテは驚きの味。パンに塗っても美味しく、お酒のおつまみにも! ぜひお試しください。

(※)チンタセネーゼは、2DOP(EU保護指定原産地表示)認定を受けたシエナ 原産の稀少な豚のこと。一時期、絶滅の危機に瀕したものの、保護組合のもとで 昔ながらの飼育方法を行い、品種の特性を守り復活し、大切に育てられています。

カートに追加


[商品コード]
BM06103
[お届け日]
[在庫]
○(在庫あり)
[賞味期限]
製造から冷凍で90日
[内容量]
コッホシンケンスライス100g、コッホサラミスライス100g、ボロニアソーセージ200g、オニオンレバーパテ100g、ベーコンスライス100g、ソーセージ×2パック(あらびきソーセージ120g・にんにらソーセージ110g・プフェルツァーの中から2種)
※ソーセージはあらびきソーセージ・にんにらソーセージ・プフェルツァーの中より2種いずれかのお届けとなります。ご了承ください。
[梱包サイズ]
幅25×奥行19.5×高さ6.5cm
[配送温度帯]
冷凍
[特定原材料7品目]
なし
[調理方法]
解凍湯煎
[生産地]
鹿児島県

のし対応可

ストーリーBuyer's Report

世界的に稀少な豚との出会い。
職人の腕が引き出す唯一の味

ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
洋一さんは、牧場を起こした父・公明さんの仕事ぶりを、兄の俊明さんとともに子供の頃からずっと見てきました。餌や環境に配慮しながら豚にありったけの愛情を注ぐ父を尊敬し、兄がそうしたように、自分も家業を継ぐつもりでした。ところが公明さんからは、食肉加工職人になることを勧められました。「自分たちで育てた豚を自分たちで売るのが、育てた豚に対しての責任だ。お前は食肉加工の職人になりなさい」。公明さんの助言を受け入れ、食肉加工職人になるべくヨーロッパへと向かいました。ドイツで修業先を探すうちに「何があってもここで働きたい」と思う工房が、ミュンヘン近郊にあるオーガニック村と呼ばれるヘルマンスドルファーで見つかりました。必要な食べ物のすべてを村の中で生産、栽培する完全自給自足の村で、しかも有機栽培。福留さんが思い描いた理想の環境に、感動すら覚えたといいます。洋一さんは、すぐにここでの修業を申し出ました。
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
ところがそこでの修業を希望する人は多く、ドイツ語が全く話せない福留さんがすぐ採用されるほど甘くはありませんでした。しかも当時のドイツは不況の真っ只中。「とにかく無償でいいから1週間だけ手伝わせてくれないか」と懇願し、無給で手伝うことだけ認めてもらいました。見るもの全てが新鮮な1週間が過ぎたとき、「やはりここで修業させてくれないか」とお願いするも、答えはNO。「じゃぁもう1週間だけ無給で働かせてくれ」とお願いし、1週間後同じお願いをするも、やはりダメ。さらにもう1週間働かせてもらったあと、ダメ元で同じお願いをすると……なんと、工房のボスから修業の許可が下りたのです!  季節は冬。山あいにある村には深い雪が積もり、凍てつく寒さのなか、毎朝4時から始まる作業を誠実にこなす洋一さんの真摯な姿を見ていたボスが、大きなチャンスを与えてくれたのです。
ふくどめ小牧場のハム・ソーセージセット
食肉学校と工房での修業の両立は苦労の連続で、最初のテスト用紙は問題文を読むことすらできませんでした。それでも4年後にはゲゼレ(職人)の資格を主席で取得し、最高峰であるマイスターの資格を取得した頃にはボスの右腕として活躍。そして、このヘルマンスドルファーで育てられていたのがサドルバックでした。きめ細かな肉質に上質な旨み、脂の甘みに惚れ込んでいた洋一さんは、自社牧場でサドルバックを育てたいと公明さんに願い出て、苦労に苦労の末、それを実現。緑に囲まれたふくどめ小牧場の工房では、ドイツで学んだ製法そのままに香り高く旨みが凝縮したシャルキュトリーが作られています。世界的に稀少なサドルバックはもちろんのこと、サドルバックを親に持つ自社銘柄の幸福豚もまた、記憶に残る美味しさ。サドルバックの個性を活かし高い技術で仕上げるハムやソーセージは、一度食べたら他との違いに驚かれることでしょう。

関連するカテゴリー

関連するキーワード

該当する商品が存在しません

最近チェックした商品

メルマガ登録 会員登録