詳細検索

  • 価格
    ~
  • 在庫
  • ギフト
  • 人気
    ワード

    • 価格
      ~
    • 在庫
    • ギフト
    •  

食通が足繁く通う
高級焼肉割烹「雪月花」の
〆カレーで、和牛の圧倒的な
旨味を味わう
田辺晋太郎
肉マイスター

2020年10月末に銀座にオープンした焼肉割烹「雪月花 銀座」。
オーナーシェフの田中覚氏は岐阜県揖斐郡大野町にある精肉店に生まれ、3歳の頃から店の手伝いをして高校時代にはすでに肉を骨から抜く作業を習得していたという生粋の肉職人。その後押しも押されもせぬ勢いで肉業界を席巻し食通たちの心を奪った田中氏率いる雪月花グループは岐阜県以外に店舗を出してからおよそ5年という時間でとうとう銀座のど真ん中に居を構えた。
まずは肉割烹である「肉屋田中」、そして満を持して「雪月花 銀座」が誕生したとあれば肉マイスターたるもの当然のことながら伺うのが筋というもの。おすすめのコースは忘れられない素敵な肉体験となった。
純但馬系神戸ビーフや松阪牛をメインに使った焼肉は料理人が備長炭で焼き上げる間違いないクオリティ、そして4時間かけて出汁をとる神戸ビーフのスープや田中氏の母の味だという八丁味噌の風味が生きている牛テールの煮込みもすべてが一級品だ。

解体

その中でも一番思い出深かったのは締めのカレーライス。
話にはずっと聞いていたが、こちらの締めで出るカレーがべらぼうに旨い。
もう別次元、アナザーワールドだ。
ご馳走肉をたっぷり頂いたあとなのに覚醒したようにお腹が空いてしまう魔性の香りは「別腹」というチャクラを開かせる力がある。いや、むしろ米が足りなくなるほど旨すぎるので米蔵を開放しなければならないかもしれないほどだ。

そんな「魔性のカレー」がレトルトカレーとなってご家庭でも楽しめるっていうんだから世の中まだまだ捨てたもんじゃない。 カレーのスタイルで言うならばこれは欧風というものだろう。ドロッとしたルーの中に溶け込んだ大量の肉を容易に見つけることができる。この肉が只者ではないのが雪月花カレーの一番の強み。

そして驚くことにカレーの入った箱には使用した銘柄牛の個体識別番号がシールで貼られているではないか。しかもそこには「神戸牛」「松阪牛」「特産松阪牛」との表記が!
なんの気なしに聴いていた好きなアイドルの楽曲が作詞 井上陽水 作曲 松任谷由実 編曲 小室哲哉とクレジットに書いてあったら驚くだろう、まさにそのくらいの驚きだ。

肉塊

一口食べると驚きは確信に変わる。「なんてすごいカレーを食べてしまったんだ」と。
まず圧倒的な豊かさを感じる。それはトップレベルの和牛にしか無い脂の旨味と肉のコクがもたらす豊かさだ。戦後間もない1950年代に圧倒的な豊かさを誇るアメリカに日本人が憧れた気持ちはきっとこんな感じだったのではと思えるほどの圧倒的な旨味であり、店に訪れたことがある人には再訪を誓わせ、未訪問な人には熱狂的な憧れをもたらす味わいだ。
スパイスの香りや辛さは感じられるものの味わいとしてはチャツネや炒め玉ねぎ由来の甘さと肉のコクが強く、老若男女どなたでも美味しく食べてもらうことができるだろう。
こんなすごいカレーが家で食べることができる。なんて優しい時代だろうか。
憧れの名店、大好きなレストランに行きたくてもなかなか行けない時、その店とほぼ同じ味を家庭やオフィス、アウトドアで楽しむことができる救世主であり、お店ではできない遊び的なちょい足しなんかも出来てしまう楽しみが「レトルトカレー」にはある。
事実、お店の人曰く「少し水を入れて炊き直すとさらにお店の味に近づきますよ」とのこと、これは絶対に試してみたい。

雪月花カレー

大好きなアイドル、憧れのアーティストのライブに行きたくてもいろいろな事情でなかなか行けない昨今、動画を見たりCDを聴いたりして想いを募らせる。
そりゃあもちろん目の前で演奏してくれるライブを見るのとは違うかもしれない。でもそれと同等の臨場感を味わうことができるのが音源の良さであり、自分の家で、外で、車の中で好きなように聴くことができる楽しみがある。
「レトルトカレー」も、いわば同じものかもしれない。

田辺晋太郎

profile

田辺晋太郎肉マイスター

AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友に楽曲提供しオリコン週間チャートで一位を獲得するなど音楽家であり、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」を担当するなどMC、ラジオパーソナリティが本業ながら、実践に基づく深い見識で肉の生産背景からベストな食べ方まで流暢に話すホスピタリティあふれる語り口から「肉マイスター」と呼ばれる。
TBS系列「マツコの知らない世界」「櫻井・有吉THE夜会」「林先生の初耳学」をはじめテレビ・ラジオの出演にとどまらず飲食店コンサルやメニュー開発、専門書や雑誌の監修を務め、著書「焼肉の教科書」(宝島社)はシリーズ累計35万部を超える。2014年10月 一般社団法人「食のコンシェルジュ協会」を立ち上げ初代代表理事に就任し焼肉コンシェルジュ検定を実施。

他の筆者の美味随筆エッセイはこちら
メルマガ登録 会員登録